カテゴリー
未分類

WordPress対応のレンタルサーバーを比較

WordPress対応のレンタルサーバーを探している人向けに、WordPressに対応のおすすめのレンタルサーバーを比較しました。

WordPressを使うためには、PHPが使えてデータベースのMySQが作成できるレンタルサーでないといけません。必ず、WordPressを自動インストールできるレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

WordPressを使うためのレンタルサーバーの条件

WordPressを動かすにはPHPに対応している必要がありますが、PHPに対応していないレンタルサーバーを知りません。ですので特に気にする必要はないと思います。

WordPressをインストールするためには、データベースのMySQLが必要なんです。なので、MySQLが作成・利用できるレンタルサーバーでないといけません。

WordPressの人気が高く、ほとんどの人がWordPressを使うようになっているので、国内のレンタルサーバーでWordPressが使えないレンタルサーバーはほとんどありません。

だけど、安すぎるレンタルサーバーや安すぎるプランだとWordPressが使えないこともあります。

WordPressに対応のおすすめのレンタルサーバー

レンタルサーバーを借りるときは、利用者の多いレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。
利用者が多いってことは評判がいいレンタルサーバーだからなんです。

利用者が多いということは経営基盤が安定してるってことになります。経営に不安のない大手のレンタルサーバーを借りておいた方が安心だし間違いありません。

利用者が多いと分からなくて困ったときに検索すると簡単に解決できやったりすることがあります。

ロリポップ!

レンタルサーバーを借りたことがない場合は、ロリポップのライトプランがいい。
ロリポップにはエコノミープランもありますが、MySQLを利用できないためWordPressを使うことができません。

ロリポップのライトプランでは、WordPressを1個しか作成できませんが、スタンダードプランなら50個のWordPressが作成できますのでコスパが良いので人気なんです。

エックスサーバー

本気でブログをやるのであれば、ロリポップのスタンダードプランではなく、エックスサーバーのX10プランをおすすめします。

ロリポップのスタンダードプランだと50個のWordPressができますが、エックスサーバーのX10プランなら無制限でWordPressを使えます。

ロリポップでもエックスサーバーでもプランに関係なく無料で独自SSL化することができます。

転送量の制限は、ロリポップのスタンダードプランが200GB/日でエックスサーバーのX10プランが900GB/日とエックスサーバーのX10プランの方が制限が緩いんです。

だけど、ロリポップサーバーで100万PVのブログを運営しているって聞きますので、十分な転送量だと思います。

wpX Speed

WordPressしか使わないって人は多いんじゃないでしょうか。WordPressしか使わないのであれば、WordPress専用のWPXレンタルサーバーがおすすめです。

wpX Speedは、クラウド型のレンタルサーバーです。

wpX Speedは、マルチドメインとMysqlが無制限なので多くのブログを運営できます。

プランを変更することで、転送量を増やすことができますので、アクセスの多いブログに向いています。

WordPress専用なので、テンプレートをカスタマイズしなくても表示が速いんです。

エックスサーバーのWordPressのブログをカスタマイズしまくれば、エックスサーバーより速くなります。だけど、WPXレンタルサーバーでほとんど何にもしなくても、かなり速いんです。