カテゴリー
未分類

マネージドサーバーとは、どんなサーバー

マネージドサーバーとは、VPSや専用サーバーで使う言葉なんです。
共有サーバーにマネージドサーバーがないのではありません。
その逆で、全ての共有サーバーがマネージドサーバーだから、あえてマネージドと付ける必要がないんです。

専用サーバーを共有サーバーのように使えるマネージドサーバー

全ての共有サーバーがマネージドサーバーってことから分かるように、マネージドサーバーとは、VPSや専用サーバーが共有サーバーのように使えるってことなんです。
つまり、レンタルサーバー側がサーバーのメンテナンスや保守管理作業をしてくれるってことなんです。

VPSや専用サーバーには、サーバーの利用者にroot権限があるんだけど、その権限をレンタルサーバー側に渡してしまうことになるんです。
それでは、VPSや専用サーバーを借りる意味がないという人もいると思います。

だけど、共有サーバーのようにVPSや専用サーバーを使いたいって人もいます。保守管理作業やメンテナンスを自分でやってられないし、その知識もない場合は、マネージドサーバーにすればいいんです。

マネージドサーバーのVPSって共有サーバーってことかも?

専用サーバーを使いたいけど、自分では保守管理作業やメンテナンスができない場合、マネージドサーバーにするってことが多いんです。
VPSの場合、共有サーバーを専用サーバーのように使っているんです。

ということは、マネージドサーバーのVPSっていうのは、普通の共有サーバーってことになるんじゃないの?よく分かりませんが、そんな気がします。

専用サーバーは、共有サーバーと違って自分一人でレンタルサーバーを占有します。自分一人なんだから、誰にも邪魔されないというか、自分以外のブログやホームページの影響を受けることはありません。

そして、自分ではできない保守管理作業やメンテナンスをレンタルサーバー側でやってくれるマネージドサーバーにするってことになります。
これが、マネージドサーバーの使い方でもあるし、メリットでもあります。

個人が利用するレンタルサーバーの多くが共有サーバーです!

個人なら共有サーバーのエックスサーバーで十分

だけど、個人なら共有サーバーで十分です。専用サーバーを使わなくても、例えば、エックスサーバーを借りれば十分です。

エックスサーバーなら、ブログの表示が遅くなることがあまりないし、表示が遅くなっても時間がかからずに解消しています。

サーバーダウンすることは滅多にないし、あってもメンテナンスに伴うサーバーダウンくらいです。
エックスサーバーだってサーバーダウンっすることはありますが、いつサーバーダウンしたか忘れています。

ところで、最近のサーバー選びはとても重要になります、なぜなら検索順位に直結するからです、Googleが公式に発表しています、レンタルサーバー選びは料金コストよりもレスポンスで選びましょう。
料金費用でサーバーを選んではいけない→レンタルサーバー比較