カテゴリー
未分類

個人で法人向けレンタルサーバーを借りる必要なし

個人向けのWordPressが快適に使えるレンタルサーバーでも稼働率が99.99%というサーバーが増えてきました。共有サーバーの場合は、稼働率を99.99%にするためには、サーバーの負荷が高くなり過ぎないように制限がされているってことですので、自分に合ったレンタルサーバーを借りましょう。

個人向けと法人向けでは、レンタルサーバーの機能が違う

個人向けのレンタルサーバーであっても、メールのウイルスチェック機能がないってことはないと思います。だけど、WordPressで作成したブログやホームページの脆弱性を狙って攻撃を受けた場合のセキュリティは個人向けのレンタルサーバーに比べ、法人向けのレンタルサーバーの方が高くなっています。

法人向けのレンタルサーバーでは、個人向けレンタルサーバーよりもバックアップ機能が充実しています。エックスサーバーやWPXレンタルサーバーでは、自動でバックアップしていますので、エックスサーバーやWPXレンタルサーバーを借りています。

エックスサーバーでは、サーバー領域データは7日間、データベースのMySQLは14日間保存されています。WPXレンタルサーバーでは、サーバー領域データとデータベースのMySQLが14日間保存されています。WPXレンタルサーバーの方がサーバー領域データが14日間と長くなっています。

エックスサーバーでは有料のMySQLのバックアップデータなんだけど、WPXレンタルサーバーでは、自分でMySQLをダウンロードできるので無料です。WPXレンタルサーバーでもサーバー領域データは有料になっていますが、エックスサーバーの半額になっていますので、バックアップデータの料金は、WPXレンタルサーバーの方が安くなっています。

個人で法人向けのレンタルサーバーを必要は少ない

マルチドメインやMySQLの作成できる数は、法人向けよりも個人向けの方が多くなっていることが多いようです。同じサイトでも個人より法人のサイトとの方が規模が大きくなるので、そんなに多くのサイトを作成しない傾向にあるからだと思います。

個人で法人向けのレンタルサーバーを借りることはできますが、法人向けのレンタルサーバーが個人向けよりいいってことではありません。法人向けのレンタルサーバーには、法人が必要とする機能があるってことです。

だから、個人で法人向けのレンタルサーバーを借りる必要はないと思います。ただ、法人向けのレンタルサーバーにある機能をどうしても使いたいっていうのであれば、法人向けのレンタルサーバーを使ってもいいと思います。

つまり、レンタルサーバーを借りる場合は、自分の予算と目的を考えて、自分に合ったレンタルサーバーを選ぶことが大事なことに変わりはありません。自分に合ったレンタルサーバーが法人向けのレンタルサーバーってことだってあるかもしれません。その場合は、法人向けレンタルサーバーを借りればいいんです。