カテゴリー
未分類

料金の安さやでレンタルサーバーを選んではいけない

レンタルサーバーを選ぶときに、コストパフォーマンスがいいレンタルサーバーを選ぶことが多いようですが、利用料金の安さやコストパフォーマンスの良さでレンタルサーバーを選ぶとブログの運営に支障をきたすトラブルのリスクが高くなります。

料金の安さでサーバーを選ぶ危険性

具体的には、

  • ブログの表示が遅い
  • ブログが表示されない
  • ブログのデータが消失する

などが考えられます。

レンタルサーバーの種類

共有サーバー

複数の契約者が利用する一般的なレンタルサーバーです。アパートやマンションに例えられることが多い。利用料金を安くするために、多くの人が利用できるように制限が厳しくなります。転送量制限が厳しいのも同じ理由です。格安レンタルサーバーだとメンテナンスや管理、監視が手薄になえうこともあります。

専門サーバー

1台のレンタルサーバーを1契約者が利用するレンタルサーバーです。一戸建ての住宅に例えられることが多い。利用料金は共有サーバーより高くなりますが、レンタルサーバーを1契約者で占有しているため、制限が少なく自由に使うことができます。

VPS

VPSというのは、仮想専用サーバーという意味のVirtual Private Serverの略です。共有サーバーを専用サーバーのように使うことができるレンタルサーバーです。専用サーバーを共有サーバー並の料金で使用できるというものですが、使ってみたことがありますが使いこなすことができませんでした。

クラウドサーバー

必要なときに必要なだけのCPUやメモリ容量、ディスク容量を利用できるといものです。必要なときに必要なだけってことですが、プランによって違いますが限度はあります。契約した範囲内で必要な必要なだけのCPUやメモリ容量、ディスク容量などを使えます。

レンタルサーバーを選ぶときのポイント

安易にコスパのいいレンタルサーバーを選ばない

個人でも格安レンタルサーバーではないエックスサーバーやWPXレンタルサーバーといったレンタルサーバーを借りることをおすすめします。

バックアップサービスのあるレンタルサーバー

格安レンタルサーバーでなければ、毎日自動でバックアップしてくれるレンタルサーバーが多いです。できるだけバックアップサービスのあるレンタルサーバーにしましょう。

サポートの質を確かめておく

すぐに問い合わせしない方がいいのですが、初心者であれば電話サポートのあるレンタルサーバーを選んでおいた方がいいと思います。

お試しを利用してみる

ほとんどのレンタルサーバーにお試し期間がありますので、実際に使ってみてから契約することをおすすめします。

レンタルサーバーには必要なコストをかけましょう

つまり、料金の安いレンタルサーバーを選ぶのでなく、レスポンスの速いレンタルサーバーには、それなりのコストをかけるべきなんです。料金が安くても、ブログの表示が遅いのでは意味がありませんし、ブログが表示されなかったりしたらチャンスロスになってしまいます。

レンタルサーバー比較

そういう意味では、個人のブログであっても、エックスサーバーやWPXレンタルサーバーを借りるといいと思います。どっちも毎日自動でバックアップしています。ただし、バックアップデータを提供してもらうのは有料となります。

エックスサーバーやWPXレンタルサーバーなら、どちらも平日の10時~18時の間、電話サポートもありますので初心者でも安心です。