カテゴリー
未分類

マネージドサーバーとは、どんなサーバー

マネージドサーバーとは、VPSや専用サーバーで使う言葉なんです。
共有サーバーにマネージドサーバーがないのではありません。
その逆で、全ての共有サーバーがマネージドサーバーだから、あえてマネージドと付ける必要がないんです。

専用サーバーを共有サーバーのように使えるマネージドサーバー

全ての共有サーバーがマネージドサーバーってことから分かるように、マネージドサーバーとは、VPSや専用サーバーが共有サーバーのように使えるってことなんです。
つまり、レンタルサーバー側がサーバーのメンテナンスや保守管理作業をしてくれるってことなんです。

VPSや専用サーバーには、サーバーの利用者にroot権限があるんだけど、その権限をレンタルサーバー側に渡してしまうことになるんです。
それでは、VPSや専用サーバーを借りる意味がないという人もいると思います。

だけど、共有サーバーのようにVPSや専用サーバーを使いたいって人もいます。保守管理作業やメンテナンスを自分でやってられないし、その知識もない場合は、マネージドサーバーにすればいいんです。

マネージドサーバーのVPSって共有サーバーってことかも?

専用サーバーを使いたいけど、自分では保守管理作業やメンテナンスができない場合、マネージドサーバーにするってことが多いんです。
VPSの場合、共有サーバーを専用サーバーのように使っているんです。

ということは、マネージドサーバーのVPSっていうのは、普通の共有サーバーってことになるんじゃないの?よく分かりませんが、そんな気がします。

専用サーバーは、共有サーバーと違って自分一人でレンタルサーバーを占有します。自分一人なんだから、誰にも邪魔されないというか、自分以外のブログやホームページの影響を受けることはありません。

そして、自分ではできない保守管理作業やメンテナンスをレンタルサーバー側でやってくれるマネージドサーバーにするってことになります。
これが、マネージドサーバーの使い方でもあるし、メリットでもあります。

個人が利用するレンタルサーバーの多くが共有サーバーです!

個人なら共有サーバーのエックスサーバーで十分

だけど、個人なら共有サーバーで十分です。専用サーバーを使わなくても、例えば、エックスサーバーを借りれば十分です。

エックスサーバーなら、ブログの表示が遅くなることがあまりないし、表示が遅くなっても時間がかからずに解消しています。

サーバーダウンすることは滅多にないし、あってもメンテナンスに伴うサーバーダウンくらいです。
エックスサーバーだってサーバーダウンっすることはありますが、いつサーバーダウンしたか忘れています。

ところで、最近のサーバー選びはとても重要になります、なぜなら検索順位に直結するからです、Googleが公式に発表しています、レンタルサーバー選びは料金コストよりもレスポンスで選びましょう。
料金費用でサーバーを選んではいけない→レンタルサーバー比較

カテゴリー
未分類

個人事業者向けにおすすめレンタルサーバー

初めてホームページをつくるときって、誰もがどのレンタルサーバーにするのかとても迷ってしまうんです。今回は、個人ブログや小規模な企業サイトにおすすめのレンタルサーバーを紹介します。

個人ブログなら、ロリポップでもいいと思いますが、小規模であっても企業サイトなら、エックスサーバーがおすすめです。企業サイトだからって、専門サーバーにしなくてもいいんです。

個人ブログ、小規模な企業サイトのレンタルサーバーを選ぶ

価格
個人ブログを運営するのに料金の高いレンタルサーバーは必要ありません。 月額500円~1000円程度で十分です。長く続けたり、企業サイトだったりする場合は、エックスサーバーをおすすめします。

サポート
ほとんどのレンタルサーバーにメールサポートがあります。 使い方のマニュアルが充実していたり、ネットでの情報が多いと問題を解決するのに役立ちます。初心者なら、電話サポートが受けられるところを選びましょう。

安定性
料金が安いレンタルサーバーを借りたら、表示に時間がかかるなど、サーバーが不安定では困りますので、なるべく安定したレンタルサーバーを借りましょう。

WordPressが使えるおすすめレンタルサーバー比較

予算が許すのであれば、エックスサーバーをおすすめします。
個人ブログであれば、ロリポップでもいいかもしれません。
だけど、小規模であても企業サイトなら、ロリポップでなくエックスサーバーをおすすめします。

ロリポップ

低価格
ロリポップというと、低価格と初心者をイメージします。 低価格ですが、思っている以上に多機能なレンタルサーバーです。 たくさんのプランがあるので、必要に応じてプランを変更することができます。

充実したマニュアル
ロリポップでは、問題を解決するためのマニュアルが充実しています。 ロリポップはマニュアル以外にもネット上の情報が多いので安心です。 また、スタンダードプランでは電話サポートを利用できるます。

使いやすい管理画面
ロリポップは初心者の方でも使いやすい管理画面になっていて、WordPressなども簡単にインストールできます。

エックスサーバー

エックスサーバーは、個人ブログ、小規模な企業サイトまで使える安定性の高いレンタルサーバーです。

ハイスペック
エックスサーバーは、ハイスペックな環境で高いパフォーマンスを実現しています。 PHP8やFastCGIに対応するなど、高速化に力を入れています。 サーバーマシンは国内の大手データセンターで管理しています。

安定性
レンタルサーバーで重要なのがサーバーの安定性です。エックスサーバーの稼働は、率99.99%以上となっていて安心して利用できます。 このブログでもエックスサーバーを使っていますが、サーバーダウンした記憶がありません。

バックアップ機能
エックスサーバーには、自動バックアップ機能が付いています。誤ってデータを削除し、ブログを復元する場合に有効です。データを提供してもらうのは有料です。

MySQL
エックスサーバーでは、無制限でMySQLが作成できます。つまり、WordPressの数を無制限で作成できます、ブログが増えてくるとコストパフォーマンスが」良くなっていきます。

独自SSL
個人のブログでも独自SSLが普通になってきましたが、無料で独自SSLすれば十分です。

その他、コスパ優先で選ぶレンタルサーバーは、こちらで解説しています→格安のレンタルサーバー

カテゴリー
未分類

初心者が簡単にWordPressブログが始められるレンタルサーバー

初心者でもレンタルサーバーを借りて簡単にWordPressのブログを始めることができるレンタルサーバーがありあます。
WordPressのインストールすることができれば、無料ブログのようにブログを始めることができます。
それで、初心者だったら、WordPressを自動でインストールできるレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。

初心者でもWordPressが快適に使えるレンタルサーバー

無料サーバーでもいいと思うかもしれませんが、無料サーバーは使えるディスク容量が少なくWordPressでアイキャッチ画像を使うと、すぐに容量が足りなくなってしまうことが多いんです。

今でも無料ブログを始める人がいるしメリットもあります。だけど、あまりテンプレートのカスタマイズができないなど制限が多いんです。
利用規約が厳しくなっていて、アカウントを凍結されることもあります。

そう考えると、有料にはなりますが、ドメインを取得してレンタルサーバーを借りてWordPressのブログを始めるの間違いありません。
WordPressが自動インストールできれば無料ブログをやるのとほとんど変わりませんからね。

レンタルサーバーを借りる前に確認しておくべきこと

レンタルサーバーを借りるとき、料金が安いという理由だけで決めてはいけません。自分がやりたいことができるレンタルサーバーなのか確認しないといけません。
WordPressを使うのか、いくつのブログを作成するのか、といったことを確認しましょう。

WordPressが使えるか

WordPressを使うには、PHPが使えてMySQLが作成できるレンタルサーバーってことになります。ほとんどのレンタルサーバーでWordPressが使えますが、格安のレンタルサーバーや格安のプランだと、WordPressが使えないこともあるので確認しておきましょう。

マルチドメインなのか

マルチドメインというのは、複数のブログを公開できるというものです。WordPressでブログをやるのであれば、いくつのMySQLが作成できるのか確認すれば、いくつのWordPressが作成できるか分かります。

PHPは最新バージョンか

PHPの7系が使えないレンタルサーバーはほとんどないと思います。もしも、PHPの7系が使えないレンタルサーバーだったらやめておきましょう。それは、WordPressの推奨環境がPHP7以上になっているからです。

転送量に余裕があるか

転送量に余裕があるレンタルサーバーを借りておくことをおすすめします。転送量の制限を超えるとレンタルサーバーを出て行かなくてはならないからです。
転送量の制限を超え始めたら、すぐにブログを引っ越さないと間に合わないんです。

バックアップしているか

レンタルサーバーを借りてWordPressのブログをやるってことは、自分でバックアップするってことでもあります。
ドメインを取得していても、データをバックアップしてなかったら、ブログを復元することができなくて最初からブログを始めることになってしまいます。

自分でバックアップを続けるのは難しいので、自動でバックアップしてくれるレンタルサーバーを借りておくと安心です。

カテゴリー
未分類

WordPressを使ってブログを始めるならエックスサーバー

WordPressを使ってブログを始めようというとき、まず決めなければならないのがレンタルサーバーです。レンタルサーバーはたくさんありますが、知名度があって初心者にも使いやすいレンタルサーバーとなると限られてきます。それが、エックスサーバーなんです。

WordPressが使えるレンタルサーバーを選ぶポイント

WordPressが快適に使えるレンタルサーバーを選ぶには、下記のポイントを確認すればいいんです。

  • 表示が高速
  • 大量なアクセスに耐えられる
  • セキュリティに信頼がおける
  • サポートがしっかりしている
  • 利用者が多い
  • WordPressの自動インストール

エックスサーバー

エックスサーバーは、個人で借りる最高のレンタルサーバーだと思います。
料金は安くないんだけど、コスパはいいので個人でも借りることができるんです。

高スペックなのに料金が割安

月額料金が900円~なので決して安くはありません。
だけど、いくつかのブログをやったり、アクセスが増えたりしてもレンタルサーバーを変更しないで使い続けらるレンタルサーバーを選んでおく必要があるんです。

WordPressの自動インストール

もはや、WordPressの自動インストール機能がないレンタルサーバーなんてないかもしれまません。
それくらいWordPressの人気があるんです。

利用者が多い

利用者が多いレンタルサーバーだと検索すれば問題が解決するってこともあるんだけど、利用者が多いってことは経営が安定してるってことなんです。
経営が安定してるってことはとっても大事なことなんです。

MySQLが無制限

エックスサーバーだからって、1サーバーで50個ものWordPressを作成することは滅多にないと思うけど、余裕があった方がいいんです。

転送量の制限が150GB/日~

エックスサーバーの転送量の制限が70GB/日~なんだけど、100万PVでも大丈夫ってことなので、ほとんどの人にとって、これ以上、転送量が増えても増えなくても関係ないんです。

電話サポート

電話サポートがあれば、初心者でも安心です。でも、エックスサーバーを1年も使っていれば、電話サポートを使うことはないんです。

カテゴリー
未分類

料金の安さやでレンタルサーバーを選んではいけない

レンタルサーバーを選ぶときに、コストパフォーマンスがいいレンタルサーバーを選ぶことが多いようですが、利用料金の安さやコストパフォーマンスの良さでレンタルサーバーを選ぶとブログの運営に支障をきたすトラブルのリスクが高くなります。

料金の安さでサーバーを選ぶ危険性

具体的には、

  • ブログの表示が遅い
  • ブログが表示されない
  • ブログのデータが消失する

などが考えられます。

レンタルサーバーの種類

共有サーバー

複数の契約者が利用する一般的なレンタルサーバーです。アパートやマンションに例えられることが多い。利用料金を安くするために、多くの人が利用できるように制限が厳しくなります。転送量制限が厳しいのも同じ理由です。格安レンタルサーバーだとメンテナンスや管理、監視が手薄になえうこともあります。

専門サーバー

1台のレンタルサーバーを1契約者が利用するレンタルサーバーです。一戸建ての住宅に例えられることが多い。利用料金は共有サーバーより高くなりますが、レンタルサーバーを1契約者で占有しているため、制限が少なく自由に使うことができます。

VPS

VPSというのは、仮想専用サーバーという意味のVirtual Private Serverの略です。共有サーバーを専用サーバーのように使うことができるレンタルサーバーです。専用サーバーを共有サーバー並の料金で使用できるというものですが、使ってみたことがありますが使いこなすことができませんでした。

クラウドサーバー

必要なときに必要なだけのCPUやメモリ容量、ディスク容量を利用できるといものです。必要なときに必要なだけってことですが、プランによって違いますが限度はあります。契約した範囲内で必要な必要なだけのCPUやメモリ容量、ディスク容量などを使えます。

レンタルサーバーを選ぶときのポイント

安易にコスパのいいレンタルサーバーを選ばない

個人でも格安レンタルサーバーではないエックスサーバーやWPXレンタルサーバーといったレンタルサーバーを借りることをおすすめします。

バックアップサービスのあるレンタルサーバー

格安レンタルサーバーでなければ、毎日自動でバックアップしてくれるレンタルサーバーが多いです。できるだけバックアップサービスのあるレンタルサーバーにしましょう。

サポートの質を確かめておく

すぐに問い合わせしない方がいいのですが、初心者であれば電話サポートのあるレンタルサーバーを選んでおいた方がいいと思います。

お試しを利用してみる

ほとんどのレンタルサーバーにお試し期間がありますので、実際に使ってみてから契約することをおすすめします。

レンタルサーバーには必要なコストをかけましょう

つまり、料金の安いレンタルサーバーを選ぶのでなく、レスポンスの速いレンタルサーバーには、それなりのコストをかけるべきなんです。料金が安くても、ブログの表示が遅いのでは意味がありませんし、ブログが表示されなかったりしたらチャンスロスになってしまいます。

レンタルサーバー比較

そういう意味では、個人のブログであっても、エックスサーバーやWPXレンタルサーバーを借りるといいと思います。どっちも毎日自動でバックアップしています。ただし、バックアップデータを提供してもらうのは有料となります。

エックスサーバーやWPXレンタルサーバーなら、どちらも平日の10時~18時の間、電話サポートもありますので初心者でも安心です。

カテゴリー
未分類

WordPress対応のレンタルサーバーを比較

WordPress対応のレンタルサーバーを探している人向けに、WordPressに対応のおすすめのレンタルサーバーを比較しました。

WordPressを使うためには、PHPが使えてデータベースのMySQが作成できるレンタルサーでないといけません。必ず、WordPressを自動インストールできるレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

WordPressを使うためのレンタルサーバーの条件

WordPressを動かすにはPHPに対応している必要がありますが、PHPに対応していないレンタルサーバーを知りません。ですので特に気にする必要はないと思います。

WordPressをインストールするためには、データベースのMySQLが必要なんです。なので、MySQLが作成・利用できるレンタルサーバーでないといけません。

WordPressの人気が高く、ほとんどの人がWordPressを使うようになっているので、国内のレンタルサーバーでWordPressが使えないレンタルサーバーはほとんどありません。

だけど、安すぎるレンタルサーバーや安すぎるプランだとWordPressが使えないこともあります。

WordPressに対応のおすすめのレンタルサーバー

レンタルサーバーを借りるときは、利用者の多いレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。
利用者が多いってことは評判がいいレンタルサーバーだからなんです。

利用者が多いということは経営基盤が安定してるってことになります。経営に不安のない大手のレンタルサーバーを借りておいた方が安心だし間違いありません。

利用者が多いと分からなくて困ったときに検索すると簡単に解決できやったりすることがあります。

ロリポップ!

レンタルサーバーを借りたことがない場合は、ロリポップのライトプランがいい。
ロリポップにはエコノミープランもありますが、MySQLを利用できないためWordPressを使うことができません。

ロリポップのライトプランでは、WordPressを1個しか作成できませんが、スタンダードプランなら50個のWordPressが作成できますのでコスパが良いので人気なんです。

エックスサーバー

本気でブログをやるのであれば、ロリポップのスタンダードプランではなく、エックスサーバーのX10プランをおすすめします。

ロリポップのスタンダードプランだと50個のWordPressができますが、エックスサーバーのX10プランなら無制限でWordPressを使えます。

ロリポップでもエックスサーバーでもプランに関係なく無料で独自SSL化することができます。

転送量の制限は、ロリポップのスタンダードプランが200GB/日でエックスサーバーのX10プランが900GB/日とエックスサーバーのX10プランの方が制限が緩いんです。

だけど、ロリポップサーバーで100万PVのブログを運営しているって聞きますので、十分な転送量だと思います。

wpX Speed

WordPressしか使わないって人は多いんじゃないでしょうか。WordPressしか使わないのであれば、WordPress専用のWPXレンタルサーバーがおすすめです。

wpX Speedは、クラウド型のレンタルサーバーです。

wpX Speedは、マルチドメインとMysqlが無制限なので多くのブログを運営できます。

プランを変更することで、転送量を増やすことができますので、アクセスの多いブログに向いています。

WordPress専用なので、テンプレートをカスタマイズしなくても表示が速いんです。

エックスサーバーのWordPressのブログをカスタマイズしまくれば、エックスサーバーより速くなります。だけど、WPXレンタルサーバーでほとんど何にもしなくても、かなり速いんです。